コーヒーにおすすめの食材

バターコーヒーは体に悪い?危険性やコレステロール上昇は問題ないのか

痩せると話題のバターコーヒーですがバターコーヒーダイエットバターとオイルを毎日摂取
バターは摂りすぎると
脂質のとりすぎコレステロール増加の問題になるのでは?
またコーヒーのカフェインも摂りすぎると問題が指摘されています。

バターコーヒーダイエットって健康面は大丈夫なのでしょうか?

バター コーヒー体に悪いのか?
バターコーヒーの健康への危険性は?
バターコーヒーでコレステロールが上昇する?

<スポンサーリンク>

バターコーヒーの危険性はどうなの?

バターコーヒーの危険性は?
材料の成分とともに効果と危険性を考えてみましょう。

コーヒーの効果

まずは効果面から
コーヒーの効果覚醒作用で仕事面の効率化

アンチエイジング効果
ポリフェノールの一種クロロゲン酸でアンチエイジング効果が期待

リラックス効果コーヒーの香りはα波を増加させるリラックス効果があります

最強の健康食「バターコーヒーダイエット(完全無欠ダイエット)」では
脳のパフォーマンスも向上しIQが20アップもあながち嘘ではなさそう。

バターの成分の効果・効能

バターはビタミンAが豊富
皮膚や粘膜の健康を保ちアンチエイジング効果
ビタミンA が不足しがちなビタミン

ビタミン D
骨粗鬆症対策骨を強くする 日光浴を積極的に行うと良い

ミネラル成分
カルシウムカリウムリンナトリウムマグネシウム亜鉛など
体を健康に保つためのミネラルが豊富

<スポンサーリンク>

それでもバター コーヒー体に悪い?

バター コーヒー体に悪い 140

効果のある材料を使ったバターコーヒーですが以下の点には気をつけましょう

コーヒーの飲み過ぎに注意
カフェインの摂り過ぎは 震え興奮吐き気など症状がひどくなる

カフェイン中毒の可能性も 一日数杯程度に抑えることが大切

バターの脂質の摂り過ぎはカロリーに注意カロリーを調整しないと太る可能性がある

バターコーヒーでコレステロール上昇?

バターコーヒーでコレステロール上昇 50

グラスフェッドバターを使う利点
一般のバターに比べ、不飽和脂肪酸が多い、太りにくい脂質

MTCオイルの
中鎖脂肪酸が、ダイエットに効果あり

まとめ

バターコーヒーダイエット法はそれなりに効果が期待されるダイエット法であると思います。
しかしダイエット効果には個人差がある

やり方を間違えると栄養不足にも

自分に合わないダイエットは逆に体調を壊すことも

バターコーヒーダイエットは正しい方法でやってみて体調が悪くなったり効果が感じられなければ途中で止めましょう。

<スポンサーリンク>