コーヒーにおすすめの食材

バターコーヒーはちみつ「シリコンバレー式バターコーヒーに蜂蜜」【コーヒー&はちみつレシピ】

【コーヒー&はちみつレシピ】としてバターコーヒーに蜂蜜を入れて飲んでみた。

バターコーヒーとは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という著書で有名になった米国のIT起業家デイブ・アスプリー氏が提唱したダイエットかつIQアップの飲み物です。著書の中で完全無欠のコーヒーといわれるバターコーヒの材料は

  • スパシャルティコーヒー
  • グラスフェッドバター
  • MTCオイル

があげられています。

お砂糖は材料にありませんので甘さを加えたい場合

カロリーが砂糖よりも低く栄養分が豊富な蜂蜜は、完全無欠のバターコーヒーにはおすすめかと思います。

バターコーヒーとはちみつの相性やはちみつバターコーヒーの作り方と効果、レシピについてご紹介します。

<スポンサーリンク>

「はちみつバターコーヒー」でダイエット

アメリカ発祥の「バターコーヒーダイエット」は話題になっています。

バターコーヒーは飲むと満腹感を得ることができるので朝食の代わりにバターコーヒーを飲み、食欲を抑える効果があります。

「バターコーヒーダイエット」は糖質制限ダイエット法なので砂糖は入っていません。なので飲んでみて少し味が物足りないかなと感じる人も少なくはないようです。

そこでコーヒーに入れる砂糖をはちみつに代えることでカロリーを抑える効果と栄養分を補う効果があります。

バター コーヒーに はちみつを入れる方法は栄養面も考えると効果的なダイエットとして広まっています。

<スポンサーリンク>

バターコーヒーと「はちみつ」の相性

バター珈琲は牛乳と同じ用にバターでコーヒーの味をマイルドにしてくれるので
ブラックコーヒーとは相性の悪いはちみつもバターコーヒーとは相性が合います。

味の面からも蜂蜜はバターコーヒーと相性がいいのでおすすめです。

またコーヒーにグラスフェッドバターとMTCオイルを入れたバターコーヒーは
はちみを入れる美味しい珈琲のレシピとしてもおすすめです。

【関連記事】美味しい「はちみつコーヒー」の作り方

https://mid-georgia.com/recommended/honey-coffee-how-to-make/

「はちみつバターコーヒー」レシピ・作り方

用意するもの バター コーヒー はちみつ

ホットコーヒー カップ1杯

バターコーヒーは

グラスフェッドバターとMTCオイルを混ぜで乳化したものです。

詳しくはこちらで作り方を解説しています。

はちみつ    大さじ1杯

作り方

珈琲は80度くらいの温度(バターを溶かすためやや高め)

ホットのバターコーヒーにバターとはちみつを入れてかき混ぜるだけ

蜂蜜がバターコーヒーにが溶ければ完成です。

はちみつバターコーヒーのダイエットの注意点

バターコーヒーを摂ったあとの糖質制限が重要

食事をコントロールしないと太ってしまう可能性もある

糖質を含む食べ物も一緒に食べると、分解されなかった脂肪は蓄えられてしまう。また蜂蜜の成分はショ糖なので砂糖よりはカロリーが低いとはいえあまり入れすぎないようにすることもポイントです。

【おすすめ記事】

【はちみつコーヒーの効果効能】珈琲と蜂蜜の相性と作り方・レシピ

https://mid-georgia.com/recommended/honey/

バターコーヒー はちみつ まとめ

バターコーヒーは満腹感を与え食欲を抑える効果がありダイエットに適しています。

そのバターコーヒーに入れる砂糖をはちみつに代えましょう。カロリーオフの効果が期待できます。

また、「はちみつバターコーヒー」の作り方は簡単なので是非作って飲んでみましょう。

【関連記事】

 

<スポンサーリンク>