コーヒーにおすすめの食材

コーヒーと蜂蜜の効果・効能ダイエットや便秘解消効果など盛りだくさん

コーヒショップでも人気の「はちみつコーヒー」その秘密は蜂蜜とコーヒーの持つ様々な効果と効能です。

コーヒーと蜂蜜の効能を合わせたパワーは?

  • コーヒーと蜂蜜の効果効能にはどんなものがあるのか
  • コーヒーと「はちみつ」でダイエット効果は期待できる?
  • コーヒーで便秘の解消が出来る?

など、はちみつコーヒーの魅力についてご紹介します。

<スポンサーリンク>

はちみつコーヒーの効能・効果

まずは、コーヒーと蜂蜜の効能について少し詳しく見てゆきましょう。

はちみつコーヒーには健康や美容など様々な効果や効能があります。

はちみつはビタミンB1、B2やミネラルなどの栄養分豊富で美容効果や病気予防が期待されています。

ご存知のように、はちみつは非常に栄養価が高い食材として知られています。

消化吸収がバツグンで効率よくエネルギーとして吸収されます。

蜂蜜は疲労の回復や病気で体が弱っているときでも簡単に栄養がとれる食材として、

また「はちみつだいこん」など風邪のときの咳止めや喉の痛みを抑える働きで

我々の生活の中に馴染んできました。

蜂蜜の効能

成分としてビタミンB1・B2やミネラルが含まれている

疲労回復 老化防止
眼の効果 記憶力が上がる 不眠症
口内炎 傷の治りを早くする?

蜂蜜には体調を内部から整えて肌や髪を健康にする効果があるといわれています。

はちみつの成分と効能

蜂蜜の成分 効能
ビタミンB1・B2 肌荒れやにきび 髪のぱさつきを防ぐ保湿効果

体調を整える 疲労回復 ストレスの軽減

ミネラル また蜂蜜にはミネラル類が多が含まれています。体の調子を整え 新陳代謝の促進に効果的
保湿成分 また蜂蜜に含まれる保湿成分は便を柔らかくして便秘の解消や美容面でもお肌の保湿効果が期待されています。

蜂蜜の成分と効果効能

蜂蜜はビタミンB1・B2やミネラルが多く含まれたスーパーフードです。

ビタミンやミネラルを豊富に含んいる蜂蜜は、肌や髪の艶やハリ、ニキビ予防、アンチエイジング、そして肌の乾燥を防ぐ保湿力に優れています。

蜂蜜の成分表

はちみつの主な栄養成分(100gあたり)

エネルギー284Kcal

水分 20 g
タンパク質 0.2 g
脂質 0 g
炭水化物 79.7 g
灰分 0.1 g
ナトリウム 6 mg
カリウム 18 mg
カルシウム 1 mg
マグネシウム 1 mg
リン 4 mg
1 mg
亜鉛 1 mg
0.05 mg
ビタミンB1 Tr mg
ビタミンB2 0.1 mg
ナイアシン 0.1 mg
葉酸 1 ug
パントテン酸 0.05 mg

蜂蜜は風邪のときなど咳や喉の痛みを抑える効果も実証されています

「はちみつコーヒー」は健康や美容にも効果のある飲み物です。

このように蜂蜜を入れたコーヒーは美容や健康の効果が高いことが特徴です。

コーヒーの成分と効果効能

まずは、はちみつとコーヒーの成分と効果効能をみてゆきましょう。

珈琲の成分と効果効能

珈琲の主成分カフェインには脂肪燃焼やむくみをとる働き、シミの予防効果があります。

コーヒーの効果効能

コーヒーはダイエット中の方にはおすすめの飲み物です。

カロリーも低く
コーヒーに含まれる成分がダイエット促進に効果的です。

成分 効果効能
カフェイン カフェインの効果効能として体脂肪を燃焼させる働き
クロロゲン酸 ポリフェノールであるクロロゲン酸はメラミンの生成や取りこみを抑える働きや脂肪の吸収を抑える抗肥満作用・・脂肪代謝調節作用の働きがあります。
その他の効能 抗酸化作用 抗菌性、抗ウイルス活性 抗ガン作用 口臭抑制作用

抗疲労作用

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/polyphenol

参照)全日本コーヒー協会

コーヒーの成分表

コーヒー豆の成分(焙煎豆)

全多糖類 24%~39%
少糖類 0~3.5%
脂質 14.5%~20%
タンパク質 13%~15%
クロロゲン酸類 1.2%~1.3%
カフェイン ~1%
トリゴネン 0.5%~1%
脂肪族酸 1%~1.5%
無機成分 3.5%~4.5%
腐食酸 16%~17%

このようにコーヒーもカフェインやポリフェノールのダイエットや健康作用が期待できる飲料です。

コーヒーの成分であるカフェインは全身の代謝をあげて血行をよくする働きがあります。またコーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪の吸収を抑制したり脂肪を燃焼する効果があります。なのでコーヒーにはダイエット効果があるといわれています。

 

<スポンサーリンク>

はちみつコーヒーには咳止めの効果がある?

はちみつコーヒーは喉の痛みや咳止めにも有効

はちみつの咳止め効果

実はコーヒーにも咳止め効果があった

古くから喉の痛み止めや咳止めに使われてきた蜂蜜ですが、近年コーヒーにも気管支を広げる作用があり咳を鎮めることがわかってきました。

この研究は以下に詳しくまとめています。

コーヒーに「はちみつ」を入れるダイエットはおすすめ

蜂蜜は砂糖よりカロリーが低く栄養分も豊富です。砂糖の代わりに蜂蜜をいれた蜂蜜コーヒーはダイエット効果が期待できます。

そこで、コーヒーに砂糖の代わりにはちみつを入れるとどれくらいカロリーオフになるのでしょうか。ちょっと比べてみました。

蜂蜜は砂糖に比べてカロリーは約3分の2の低カロリーで甘さは砂糖の数倍もあります。

蜂蜜は砂糖より少ない量でコーヒーを甘くすることができます。

また、コーヒーは非常にカロリーの低い飲み物で100gあたり7kcalしかありませんので
これもダイエットにおすすめの飲料です。

しかも、コーヒーの成分カフェインは新陳代謝を活発にして発汗を促しますのでコーヒーに「はちみつ」を入れて飲めば理想のダイエット飲料になること間違いなしです。

はちみつコーヒーのカロリー

砂糖と蜂蜜のカロリーの比較(100gあたり)

  • はちみつ294kcal
  • 砂糖は384kcal

はちみつは砂糖のカロリーのおおよそ3分の2という低カロリーで甘さは砂糖の約5倍 少ない量でコーヒーを甘くすることができます。

これが、はちみつコーヒーがダイエットに役立つという理由です。

はちみつは砂糖に比べるとカロリーが低く、ダイエットにもおすすめ

  • カロリーの低いコーヒー
  • カフェインのダイエット効果も期待
  • また珈琲の成分であるクロロゲン酸には脂肪を吸着してくれる

砂糖と比較してカロリーでアドバンテージのある蜂蜜を砂糖の代わりに入れることでダイエット効果が期待できます。

コーヒーと「はちみつ」で便秘解消

蜂蜜の持つ病気の予防効果

蜂蜜の持つ甘い唐類は体内で吸収されるスピードが早いため疲れているときの疲労回復向上に役立ちます。またこれらの成分は免疫力向上にも働くため、病気にかかりにくい健康な体を作りにおすすめの食材です。

体が弱っている時や疲れているに是非コーヒーに蜂蜜を入れて飲んでみるのはおすすめです。

また、蜂蜜の保湿効果が便を和らげる効果があるため便秘の解消にもはちみつコーヒーは有効といわれています。

コーヒーは代謝をアップしてくれるので便秘の改善にも効果があります。

コーヒーを飲むと代謝が上がり脂肪燃焼や発汗が活発になりまりまます。

それとともに内臓の働きも活発になり栄養素の吸収や腸の蠕動運動、老廃物の排泄もすすみ新陳代謝が活発化します。

また、お砂糖を蜂蜜に変えることも便秘を改善するにはおすすめです。
コーヒー はちみつ 便秘

【おすすめ記事】

【はちみつコーヒーの効果効能】珈琲と蜂蜜の相性と作り方・レシピ

https://mid-georgia.com/recommended/honey/

まとめ

栄養分豊富な蜂蜜とカフェインを含むコーヒーに入れることで様々な効果が期待できます。また砂糖より蜂蜜は低カロリーでダイエット効果も期待できるので一石二鳥です。

栄養素たっぷりの蜂蜜とコーヒーのカフェインは新陳代謝の促進し便秘にも効果でありコーヒーのクロロゲン酸は脂肪の吸収を抑制します。

ただし蜂蜜はカロリーは0ではないので入れすぎには注意しましょう。

コーヒー はちみつ ダイエット
コーヒー 蜂蜜 効果
コーヒー と 蜂蜜 の 効能
コーヒー はちみつ 便秘

コーヒー 便秘 解消
コーヒー の 効能
コーヒー はちみつ ダイエット
便秘改善
コーヒーと蜂蜜の効果
コーヒー はちみつ 便秘
コーヒーと 蜂蜜の効能
蜂蜜 コーヒー 効果
ダイエット 発汗
発汗 ダイエット
コーヒーの効果効能

【関連記事】

【はちみつコーヒーの効果効能】珈琲と蜂蜜の相性と作り方・レシピ

美味しい「はちみつコーヒー」の作り方・レシピ蜂蜜の量は?

<スポンサーリンク>