コーヒーにおすすめの食材

コーヒー・紅茶・緑茶のカフェイン量を比較 妊婦さんの最適な1日の量は

コーヒーや紅茶、そして緑茶に含まれるカフェインは人体に良い影響もあれば、摂りすぎると悪い影響もあると言われています。

カフェインが多く含まれているといわれるコーヒーと紅茶ではどちらに多くカフェインが含まれているのでしょう?

またカフェインの体への影響や摂取量の目安について。

妊婦さんカフェイン摂取における注意点や安心して飲めるカフェインレスの紅茶やコーヒーも紹介

カフェインと聞くとコーヒーをイメージしやすいですが、紅茶にも含まれています。
では、紅茶に含まれるカフェインの量は、コーヒーと比べて多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか?

そこで今回は、紅茶のカフェイン含有量について解説します。さらに、カフェイン摂取による人体への影響や、1日当たりの紅茶摂取量の目安も合わせてみていきましょう。

<スポンサーリンク>

コーヒーや紅茶に入っているカフェインの成分働きは

カフェインは、紅茶・コーヒー緑茶やココアそしてエナジードリンクにも含まれている成分です。

カフェインには人体にとって良い働きがある反面、大量に摂りすぎると悪い側面もあります。

カフェインの良い働き

覚醒作用、眠気覚まし、脂肪燃焼によるダイエットなど

適度な摂取は頭が冴、眠気を防ぐ効果がある。

理由

神経を鎮静させる物質アデノシンの働きをカフェインが阻止して神経を興奮させる作用を持つので。
厚生労働省は眠気覚ましやエナジードリンクなどの清涼飲料水やサプリメントなどにも添加を許可しています。

カフェインの摂り過ぎは良くない

悪い働きもあるので一気に大量に摂取しない

睡眠前にとると眠れなくなってしまう

とりすぎると下痢吐き気・嘔吐

急性症状として心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠

お腹の調子がよくないときは、カフェインを含む飲み物は避ける

通常3~4時間で体の外に排出

ニュージーランド第一産業省(MPI)3つのリスク

カフェインを長期摂取した場合の慢性的な作用

1 肝機能が低下している人の一部 高血圧になりやすい

2 カルシウム摂取量が日常的に少ない人の場合、骨粗鬆症のリスクが高まる

3 妊婦が摂取した場合、胎児の発育を発育を阻害リスク

このようなリスクも報告されています。

<スポンサーリンク>

コーヒー 紅茶 緑茶のカフェ イン量を比較

コーヒー 紅茶 緑茶のカフェインの100mlあたの含有量を比較

  • コーヒー 60ml
  • 紅茶 30ml
  • 玉露 160ml

驚いたことに緑茶の玉露がカフェインの含有量が最も高い

紅茶には100mlあたり30mgでコーヒーの半分です。

紅茶のカフェイン量は、お湯の温度や通出時間、茶葉の産地や種類によって差がありますが

紅茶カップ1杯(約150cc)あたり、カフェイン量は45mg程度と考えて良いでしょう。

コーヒーや紅茶は一日何杯まで?

おおよそコーヒーの半分のカフェイン量の紅茶ですが、コーヒーや紅茶って1日何倍ぐらいまでだと飲んで問題がないのでしょうか?

カフェインの体への影響は個人差が大きい

厳密な目安は決められていない。

一応の目安として

欧州食品安全機関

一回あたり200mgを超えない範囲

  • 紅茶 30ml/100ml なので150ccのカップだと 4杯半くらい
  • コーヒーだとその半分なので150ccのカップで2杯から3杯となります。

体重70kgの健康な成人の場合

カナダの保健省

最大量の目安

一日あたり400mgと欧州食品安全機関の2倍

紅茶   150ccカップ 8杯程度
コーヒー 150ccカップ 4杯程度

妊婦さんはコーヒーと紅茶は飲めるの?

さらに妊婦さんの場合

コーヒーと紅茶は飲めるのでしょうか?

妊婦の方がカフェインを過剰に摂ると胎児の低体重のリスクの可能性があるといわれています。

妊婦さんのカフェイン摂取量の目安としては

欧州食品安全機関(EFSA)

カフェイン摂取目安は200mgを超えない範囲

世界保健機

構一日のカフェイン摂取量を最大300mg

カナダ保健省

妊婦だけでなく、授乳中や妊娠を予定の女性

300mg

カフェインが気になる妊婦さんの摂取量の目安も国や機関ごとでばらついています。

ちょっと不安ですよね、、、、

気になるならカフェインレスのコーヒーや紅茶がおすすめ

カフェインの影響が心配な方には、カフェインレスのコーヒーや紅茶が販売されている。

  • 紅茶の専門店
  • 輸入食品店
  • ベビー用品専門店
  • WEB通販サイト

妊婦 コーヒー 紅茶

まとめ

紅茶、コーヒーにはカフェインが含れていて
適度な量であれば頭が冴えたり、集中力が増したりする効果があります。

しかし、一度に大量に摂取すると消化器官への刺激が強すぎたり急性症状として心拍数などへの影もが懸念されます。

ただし、このような症状は個人差が激しいので安全な摂取量というものは決められていませんがいろんな機関が出している量を参考にしながら自分の体と相談しながら無理のない範囲で飲みましょう。
また、妊婦の方や授乳中の方にはカフェインレスのコーヒーや紅茶がおすすめです。

<スポンサーリンク>