コーヒーにおすすめの食材

■緑茶コーヒーの作り方は粉末インスタントでもOK【珈琲と緑茶】

緑茶とコーヒーを混ぜた緑茶コーヒーのダイエット効果が注目されている。
緑茶コーヒーは
ダイエット外来医師の工藤孝文医師が考案した飲み物

美味しくダイエットにも効果的な緑茶コーヒーの作り方についてご紹介

<スポンサーリンク>

コーヒーと緑茶で作る緑茶コーヒーとは

コーヒーの緑茶割りの味は

ブラックコーヒーに緑茶を入れることで味がマイルドになりコーヒーの苦味や酸味が苦手な人でも飲みやすい

<スポンサーリンク>

コーヒーと緑茶の効果・効能は

緑茶とコーヒーの成分にダイエット効果

成分のカフェインやカテキンが脂肪燃焼をサポート

食事15分前に飲むことで血糖値の上昇を抑制

コーヒーと緑茶に含まえる成分に脂肪を燃焼させて脂肪の吸収を防ぐ働きがありダイエットに効果的な飲み物です。

また食前15分前に飲むことで血糖値の上昇を緩やかにして肥満防止に効果的

コーヒー

カフェイン
クロロゲン酸

緑茶
カテキン

緑茶 コーヒーの作り方は超簡単で安い

材料や道具、作り方について

H3緑茶コーヒーの材料は粉末インスタントでもOK

コーヒー 紅茶 温度

緑茶
お茶の葉をこす

緑茶とアイスコーヒーで冷たい飲み物なら
市販のペットボトルでOK

コーヒーも粉末のインスタントで大丈夫です。

安く美味しくダイエットにも効果的なのが緑茶コーヒーのおすすめポイント

コーヒーと緑茶を混ぜるだけ

作り方は簡単で
緑茶とコーヒーを混ぜるだけです。

緑茶とコーヒーの量

緑茶とコーヒーの量は1:1の量にします。

コーヒードリッパーで緑茶(煎茶)もOK

コーヒードリッパーやペーパーフィルターでも緑茶(煎茶)の「茶葉から十分にドリップすることができます。

緑茶コーヒーメーカー

コーヒーや緑茶、さらに紅茶も飲める コーヒー&ホットドリンクメーカーというものもあります。

緑茶コーヒー作り置や持ち歩きは

緑茶コーヒー作り置は簡単

冷たい緑茶コーヒーなら

水出しコーヒー緑茶
茶葉と珈琲粉を別々に抽出しなくても一緒にバスケットで冷蔵庫で水に漬けて置けば一晩で完成

そのまま冷やして作り置きできます。

ホットならタンブラーや水筒に入れておけば持ち歩きもできます。

緑茶コーヒーおからパウダーの効果が凄い

緑茶コーヒーにおからを入れるとダイエットに効果的です。

まとめ

<スポンサーリンク>